株式会社オリバー代表取締役小川博司の日々の出来事をオリバーのお客様、オリバーの社員、そして私の関係者に向けてメッセージを発信していきます!


by oliverogawa

プロフィールを見る
画像一覧

オリバー小川のプロフィール

小川博司 プロフィール
株式会社オリバー 代表取締役 
日本外装リフォームネットワークGAISO代表

新庄幼稚園卒業
富山市立新庄小学校卒業
富山市立新庄中学校卒業
富山県立雄山高等学校卒業
日本体育大学体育学科卒業(体育教員を目指し教員免許取得)学生時代は6年間陸上競技のやり投げをしていました。
大学卒業後、関東に本社のある当時最大手リフォーム会社へ入社。
支店にてTOPセールスを確立し、翌年から営業幹部としてマネジメントを学ぶ。
5年間の在職し、27歳の時、地元富山県にて独立起業。株式会社オリバーを設立し現在に至る。

身長187CM、O型
現在40歳、富山市在住
2児のパパ・愛妻家・愛犬家・建築家

■小川の性格
猪突猛進・負けず嫌い・打ちのめされても何度でも這い上がる・見た目は柔らかいが燃えている・女性によくだまされる・ビビリ

■趣味
読書・愛犬の散歩・ゴルフ・ウィスキー・城巡り・神社仏閣やパワースポット巡り・やっぱり一番は仕事!

■小川の保有資格
英検4級・SAJスキー1級・書道4段・営業3級・住宅ローンアドバーザー・増改築相談員

■小川の得意なこと
外壁リフォーム・住宅新築・リフォームプランニング・営業関係・就職アドバイス

■今小川の関心のあること
住宅建築全般・富山の自然や文化・歴史(戦国物)・育毛・ゴルフ・ウィスキー・ワイン・ダイエット

■小川の好きな物・事
富山・沖縄・南国・京都・城・歴史・神社仏閣・パワースポット・海外(発展途上国)・ウィスキー・マッサージ・子供・船釣り・スキー・ゴルフ・お好み焼き(粉物)・蕎麦・赤ワイン・夏目三久・嫁


■今小川が活動・参加中のコミュニティ
県庁生協スクラムの会 会長
新川神社お宮で飲もう会 代表
富山本物研究所 副所長
富山経済同友会 会員
YEG富山商工会議所青年部 会員
JACK  会員
シクミ研究会 会員
外装リフォーム研究会 臨時講師 
ウィスキー研究会 主催
日本外装リフォームネットワークGAISOグループ代表



■リンク
株式会社オリバーホームページ
http://www.oliver-reform.jp

ZERO-CUBE(オリバー新築事業部)
http://zero-cube.jp/oliver/

オリバー不動産
http://www.oliver-fudousan.jp/

外壁塗装@富山
http://www.oliver-gaiheki.com

富山本物研究所
http://toyama-honmono.com

日本外装リフォームネットワークGAISO
http://www.gaiso.co/




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山(市)情報へ
にほんブログ村


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧

事業成功の秘訣は自主的なコミットメント

f0018915_18161894.jpg
今日も坐骨神経痛が痛い。
日本体育大学を卒業し素晴らしい体格と体力を親からもらったにも関わらず、歩行困難とは情けない限り。
頭が悪いのは親のせいだとしても、腰と坐骨が痛いのは日頃怠けている自分のせいである。


さて、オリバーでは幾つか新規事業や新規出店を控えておりますが、さぁ、結果は如何に!!
私は今まで沢山の失敗をしてきた。
気が短くせっかちな性分なので最短最速で突っ走りたいとチャレンジしてきましたが、
必ず失敗し回り道をしてきました。

急がば回れ!回り道!!

狙ってはいないがいままではいつもそうでした。
ですから最近は最初から回り道も予め想定した最短コースを組んでいる。
焦らずにゆとりのある安定コースである。

事業成功の秘訣は燃えるような目標達成のための情熱。
もちろん、短期決戦よりも長期戦に持ちこたえられる持久力も必要だ。
何よりもリーダーの目的達成のための執念と率先垂範の行動力も必須だ。

しかし、それを全てひっくるめて、自主的なコミットメントが大切でなかろうか?

写真は、今後の活躍を第三者の前で声高らかに宣言する西村創29歳。
社会的な責任を担う立派な大人である。

沢山の人の前で宣言すればするほどその責任で自分自身の信念がゆるぎなきものとなる。

自らにプレッシャーをかけまくることにより無尽蔵な潜在的なパワーが溢れ出てくる。

f0018915_18163059.jpg
写真は、新規出店に向けて宣言する鷹合店長40歳。
社会的な責任を負ったいい歳をしたおっさんである。

普段は積極的にPRするほうではない温厚な性格であるが、自分自身のパワーを引き出そうと
必死になっている。
自主性・積極性といった攻めの姿勢からしかパワーは出てこない。

受け身で待ちの姿勢を改めて、常に攻めっ気を出す必要がある。

まだまだ成長に期待がかかる40歳である。


社会のためお客様のため会社のため、そして自分のために頑張ってもらいたい。


世の中では45歳までは青年と呼ぶ
私もまだ未熟な青年である。失敗を恐れずに頑張ろう!
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-26 18:15

戦勝祈願 増上寺

f0018915_1814485.jpg
東京出張の帰り際に今年勉強会を行う会場の視察のために浜松町へ立ち寄った。

予定のホテルの近くに何だか重々しい歴史的な建造物があるではないか。

どうやら寺らしい。

せっかくなので参拝を。

浄土宗の大本山増上寺というらしい。まだまだ国内で知らないことは多い。

門をくぐると広大な敷地の中に壮大な建物が建っている。
戦中に空襲でほとんどが消失しコンクリートの建物になっていることが悔やまれる。


私は浄土真宗大谷派、いわゆるお東という宗教が小川家の宗派らしく、父が亡くなった時から
その流れを自覚した。

昭和から平成へ転換するにあたって今の若い世代はこの国の宗教や歴史などはほとんど
教えられていない。
洋物ばかりに価値を感じ、日本の伝統文化はダサいと感じてきた。

これではいけない。

京都の東本願寺にも何度か足を運んだし西本願寺にもいっているが自分の宗派以外のことは
全然知らない。

機会を見つけて勉強しよう。

ちょうど、特別拝観として、徳川将軍家霊廟が公開されていた。
徳川将軍家のお墓にくるとは思ってもいませんでした。

私が親族以外の墓参りに自主的に来たのは、武田信玄公とその由来する方たち依頼かな。

f0018915_1815350.jpg
まぁ、しかしきっと偶然ではなく必然の出来事だったのであろう。
きっと意味がある。

徳川家康はこの寺を厚く保護していたらしく、戦の際には戦勝祈願したという。

私も人生の転換期。この浜松町の地で戦勝祈願できたことは大いに自信になるだろう。


このお寺と東京タワーが澄み渡った天気の中に私を応援してくれているような気がした。

あぁ、今日もいい日だ。

この寺のように隆盛を極める時期を作りたい。

人生は短い。澄み渡った空に明日からの努力を誓った。
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-25 18:37

think different

f0018915_17421197.jpg
私の友人が何気なく使っていた言葉。
目にしてからづっと脳裏に残っていた。
物忘れが多い私だが、何故かづっと残っている。

think difficult

ふと一人になった時に思考が始まる。

アップルの創業者であるスティーブジョブズ氏によるメッセージだという。
http://matome.naver.jp/odai/2136057972560967201

物凄く深い意味がある。

時代を変えた変革者、未来を創造し変化させた人、変人とも呼ばれる人がいる。

その変革者は思考を現実化する力があった。


想像し情熱を燃やすことの大切さ。自分の想いを形にする情熱。
そもそもそれだけのパワーを現実にする使命感。

歴史をさかのぼると世界を変えた偉人は沢山いる。

定期的に偉人たちを思い出そう。

そうそう、富山出身で日本を変えた、また作ってきた偉人がいる。
浅野総一郎と安田善次郎。


富山出身で知らない人は勉強してほしい。


浅野総一郎は明治の時代にセメント業で一大財閥を築いた実業家。

安田善次郎は安田銀行などを築いて日本屈指の金融業者となり銀行王と呼ばれた男。

そんな偉人が私たちの郷土から輩出されている。


think difficult に似たような言葉だがおそらくまったく意味が
変わるが次の言葉が自分なりにはしっくりくる。


think difficult


難しいことを考える。


より自分の思考を深めて、自分の生き方、事業の在り方、社会から必要とされている
ことなどを考え続けなければいけない。

難しいことから逃げずに、難しいことにぶつかっていこう!


think difficult

必ず未来が変わるはず!

深夜の一人酒は自分の思考と出会える最高の時間
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-24 23:41

アイコンタクトは人間関係の基本

f0018915_18465322.jpg

写真は私の母親と嫁のお父さんの作品が毎日新聞に出ていたので親自慢です。
なんと身内に二人も書道界の重鎮がおりますので書が必要な時には小川プロダクションまで
お問い合わせください(笑)。

人付き合いが得意な人と苦手ない人がいますね。

実は私は若いころ人付き合いが苦手でした。

というよりも自分に自信がなく、プライドも高くコンプレックスもあったので、
どのように対応すればいいかに悩んだ時期がありました。

おそらくほとんどの人は同じような経験があるのではないだろうか。

しかし、人間性はいいのですが、何故か冷たく感じられたり、自信なさげに感じる人がいます。

人は出会って一瞬で印象が決まります。

第一印象というのはなかなか覆せません。


自信があるかないか?
自分の関心を持っているかどうか?
友好的な感じかどうか?
失礼かどうか?
など


私なりのポイントは、アイコンタクト。

挨拶をしても目を合わせない人がいます。パソコンを見ながら返事をする人もいます。
最悪ですね。

そこまで悪気はなくても普段から相手の目を見ない人がいます。
人生できっと大きな損をしています。

相手の目を見て目で伝えるんですよ!

犬でも一緒です。うちの愛犬は必ず目を見ます。

アイコンタクトで信頼関係を確認するらしいです。
不思議ですね!散歩中もチラチラ目を見てきますがその時はニコッととして微笑んでやります。

犬の話になると失礼なので話は戻りますが、事実です。



人間関係は様々です。

上司や部下
友達関係
恋愛
初めてであった人

などなど様々なですが目で目を見て大枠を判断します。


もちろん、相手の目を見てニコッと微笑みます。

目が笑ったいない人は逆に恐ろしいですが、人間関係や交友関係を維持するには
必ず必要です。

目は口ほどにものを言う!

自分に自信のない人は目を合わせません。
もしくは悪いことをしていたり後ろめたいことのある人など。


人の上に建つリーダーであれば、部下とあいさつする時は必ず目を合わせてニコッと微笑むことが
当たり前ですね。

注意しましょう!


その日に最初に会った時
その日にお別れするであろう時


上司も部下もこの時くらいは相手の目を見てしっかりあいさつしましょうね!


見た目が怖がられるので実はさらに印象をよくしょうと努力している
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-23 18:47

じつはこれが富山の名物ひとつ

f0018915_23372450.jpg
私はそば好きである。

人生の中でいつかはそば屋をやりたいと思っている。

もちろん、現役をリタイヤしてから趣味でやるそば屋だ。

戸隠にある「うずらや」や飛騨にある「蕎麦正」さんの蕎麦は私も大ファンである。

繋ぎのない本物の蕎麦ほど贅沢なものはないと思います。

もちろんいい蕎麦の実を使わないと旨い蕎麦は作れないだろう。

タレは甘くて旨みの強いものが好きだ。

願わくば本物のワサビをすりおろしてたっぷりとわさびと一緒に食べたいところ。


まぁ、色々と能書きを垂れるときりがない蕎麦ではあるが、富山には本当に旨い蕎麦がある。

あなたは立山そばをご存知か?

富山駅構内と確か6番ホームに立山そばのお店がある。
立ち食いであるが人気店である。

私も電車に乗る時以外にもわざわざ食べに行くほどのファンである。
運営している源さんに表彰してもらえるのではないかと思うほど立山そばを食べている。

昨日も出張帰りにさっそく立山そば。

天ぷらそばではなくかき揚げそばがおすすめだ。

もちろん卵を落として一味唐辛子は30回は振り込む。

食べてくなった人はさあすぐに食べいこう!


ちなみに立山そばと名古屋駅のホームにある「きしめん」はいい勝負である
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-22 23:47

N村時間を無駄にするな!

f0018915_23123534.jpg
写真は昨晩の懇親会の写真。
最後は意気込みのアウトプットをしあっていい感じで熱い時間となった。

そして最後はGAISOの新しいポーズ。

「はいポーズ!G~!!」

というナイスなポーズは大建建設の企画の石川部長が考えてくれました。
流石は企画担当!企画の仕事をしました(笑)


4人での出張帰りの電車の中では各自様々な時間の使い方を。
私は移動時間も普通にPCで原稿を書いたり企画を練ったり資料を作ったりと時間を
無駄にしないように使っています。
いや、むしろ電車内の方が集中して一気に仕事が進むことも多いです。

移動中は休憩時間でも睡眠時間でもないのでフルに活用するのが当たり前です。

しかし、電車の中のお客さんの雰囲気を見てみると・・・


ゲームをしている人
漫画を読んでいる人
爆睡している人

が結構多い。

私服の学生であれば分かるのだが、ビジネスマンがこんなことだと心配になる。

不思議とグリーン車に行くと、仕事をしている人や読書をしている人が多いのも特徴だ。

そして、わが社の優秀な社員はというと・・・

T合は読書。
山Mも読書。

仕事ではないがまずまずですね。

T合は趣味の本だったから、仕事というより社会勉強になる。
山Mは司馬遼太郎の本だったから、勉強というよりは小説は娯楽に入る。

まぁ、空き時間を利用してバリバリ自主的に仕事をしているわけではないが
読書はいいことではないかと思う。

問題なのはN村店長は帰りの電車はづっと夢の中。
後ろの席から毛を抜いてやろうかと思いました。。

N村君人生は短い。
ゆっくり寝るのは深夜か老後を迎えてからにしよう!

f0018915_2313454.jpg
写真は越後湯沢駅の雪景色。
富山に帰ってもこんな景色でないことを願う。

色々あった出張であったが同行した3人の成長を感じる3日間であった。
努力次第ではきっと輝かしい未来が待っている。

まだまだバリバリ仕込んでいくので覚悟してついてきてほしい。


さあ、出張帰りのたまった仕事を一気に片づけるとしよう!!
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-21 23:12

姿勢の正しさが成長のベースである

f0018915_16501786.jpg
暖かい東京から雪降る越後湯沢を抜け新潟へ移動。

新潟市にある大建建設ハートライフ大建さんと水戸のイサカホームさんに
外装事業の出前導入研修を開催させていただいた。
会場はアルビレックス新潟のホームグラウンドであるHARD‐OFFスタジアムの会議場にて開催。

大建建設さんはほぼ全員の社員さんで研修にご参加いただいた。

午後から半日、みなさんお忙しい中みっちりと真剣に受講いただいた。
セミナーや勉強会というのは話す方も大変だが聞く方はもっと大変である。

真剣に受講される皆様の姿勢をみていると会社のあり方や教育方針が見え隠れする。

f0018915_16504551.jpg
大建建設の高橋社長とは10年来の付き合いになるが、県外の勉強会に出始めたばかりの頃に知り合った。

公私ともに充実されて一回り経営者としてスケールが大きくなられた感じがある。

社長を見ていると仕事に対しての誠実さ、姿勢の正しさを感じる。
真面目なだけでは足りない。
誠実であることが大切であると感じる。

私も素晴らしい仲間とお付き合いさせていただき、姿勢をただし仕事に邁進していきたい。

大建建設の皆様、イサカホームの皆様本日はありがとうございました。


最後に写真は高橋社長肝いりのつけ麺屋さん。
新潟市内の孔明というお店ですが、味はしっかりしているのに脂っこくなく美味しいお店でした。
脂っこいラーメンはすぐにお腹を壊してしまう私。若いころ変なもの喰いすぎた付けが回ってきたのかな~先日そういえばラーメン屋の仲間が、自分の店のラーメンは脂っこすぎて
食べないと言っていたしな(笑)

このお店はおすすめです!


人生は誰と付き合うか!どんな仲間がいるかで決まるな~
仲間の存在が有難い 小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-20 17:10

八重洲のランチ恐ろしや~

f0018915_16314948.jpg
今日は仕事で東京へ。
写真は東京駅八重洲口。改装して綺麗です。

富山を出る時には雨模様。電車に乗ると雪深い越後湯沢を抜けて関東平野に。
東京に到着したら澄み渡るような晴天。
同じ日本とは思えないな~。
私は学生時代とその後相模原に本社がある会社に5年ほど勤めていましたので
冬は関東はカラッカラなのは十分知っていますが、あらためて過ごしやすいなぁ~と
思います。

富山も雪さえ降らなかったらいいのですが。
f0018915_16421064.jpg
さて、写真は八重洲で食べたランチの写真。
何か気になることはないでしょうか?

えっ?脂っこい?
えっ?ダイエットはやめたのかって?

ダイエットはやめていませんが休憩です(笑)


みなさん、右側上方をご覧ください。

刺身です。刺身。おそらくはマグロっぽいのですが、その直径なんと1CM。

1CMのお刺身が3切れ!いや、3つ。

東京八重洲恐ろしや。

いくらランチの激戦地であるので東京の八重洲のビジネス街の真ん中で800円の割安な
日替わりランチとはいえ、このお刺身を出してくるとは凄くないですか?

もちろん無いよりはうれしいですが(^^)


てなわけでカルチャーショックのおすそ分けでした。
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-19 16:30

失敗は成長の元

私は身長が186CMある。
「デカい!」とよく言われる。
デカい!と言わないで!
何の気なしにいうのだろうが、実は「デカい」は差別用語である。
太っている人に「デブ!!」というのと同じである。

デカいことで得している部分もあるが存している部分も多い!
とかく得していることは既得権なので日頃意識はしていないが損している部分は
気になるものである。

私は吊り下げのスーツなどの洋服はほぼ買えない。
Yシャツなども私のサイズに合った商品を販売しているメーカーは今のところ日本で1社しか
知らない。毎回10着ほどまとめ買いをする。

靴も28CMあるのでデザインからは選べない。

27CMまではカッコいいオシャレなデザインの靴は沢山売っているのに。。。
帽子などはもちろんかぶれない。

ヘルメットもなかのプロテクターと顎紐を常に外したいと思っている。

規制品はLLまでがほとんどで3Lは滅多にない!

3Lを見つけた時は夏にクワガタを採取に行って見つけた時くらいにうれしい。


そんな私の数少ない楽しみはオーダースーツである。

私にスーツの大半はモリワンさんでお世話になっている。

紳士服のチェーン店に思えるがオーダーは意外に細やかに対応いただける。

今回はまとめて3着作りましたが、オーダーは本当に難しい。

小さな見本ではピンとこない。外壁塗装の際の色見本と同じですね。

そのほか襟のデザイン、ボタン、糸など様々なデザインを選んで作る。
今まで何着も作成してきましたが、不思議と作るたびに気に入ったデザインのものを作れる。

今まで作成したスーツの中で恥ずかしくてもう着られないものも何着もある。
なんで3つボタンにしちゃったんだろうと悔やまれるスーツもある。

いまどき流行らないようなブカブカのボンタンのようなものもある。

過去を振り返ると恥ずかしい。

何事も失敗の繰り返しなんだな。

これからも進んで失敗を繰り返そうと思います。人生は短いので苦労は買ってでもすることが
人生の最も近道であると考える今日この頃である。


パリッとしたスーツを着ていたら「モリワンの最新ですか?」とお声掛けください。


身長はデカいと言われると気になるが、男としての器がデカいと言われるとまんざらでもない
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-18 17:13

オリバーは富山の成長企業

f0018915_1455308.jpg
先日、県議の平木柳太郎議員が会社に挨拶に立ち寄られた際に興味深い話をされていた。

富山県出身で東京に在住の若手はUターンしたくても富山にはいい仕事がない・・・

と思っている人が沢山いるらしいと。

確かに東京など首都圏に比べるとやはり首都圏に本社機能が集中している会社も
多いだろうし仕事は少ないかもしれない。

しかし、富山にも優良な会社も多く、新卒・中途を問わず人材を募集している会社は
多い。

問題なのはどんな企業があるのかの情報がなく、また企業側と接触する機会がないことも
問題であろう。

北陸新幹線が開通し富山と東京のアクセスが容易になるわけですが、富山の行政や企業は
首都圏から人を呼び込むことに躍起になっているが、大きな問題が隠れている。

入ってくる人もいれば出ていく人もいる。
アクセスが容易になれば首都圏に進学や就職する人も増えることにも繋がる。
結果的に入ってくる人よりも出ていく人の方が多くなり、地方の空洞化が増えることだけは
避けねばいけない。

行政と民間で協力して採用情報をもっとダイレクトに発信して伝えていかねばいけないだろう。

弊社オリバーもUターン・Iターンを募集しております。

建築・住宅業界以外の人材であってでも営業・施工管理・設計業務はもちろん、
DTPデザイナーやWEBデザイナーを常に募集している。

住宅リフォーム事業、新築事業、不動産事業、外装リフォーム専門店事業、外装リフォーム専門店VC本部事業と活躍のフィールドは広い。

今後積極的に全国に展開していきますので様々な経験を持つ方に参画してほしいと考えています。

富山県主催の大規模な採用イベントを東京・名古屋・大阪で開催していく必要があるだろう。

富山出身の富山育ちの人は富山の企業でその能力を発揮し富山県発展のため、富山の人のために
力を貸してほしい。

WELCOM富山、WELCOMオリバー


様々な出会いを大切にする会社社長
小川博司
[PR]
# by oliverogawa | 2015-01-17 22:54