株式会社オリバー代表取締役小川博司の日々の出来事をオリバーのお客様、オリバーの社員、そして私の関係者に向けてメッセージを発信していきます!


by oliverogawa

プロフィールを見る
画像一覧

オリバー小川のプロフィール

小川博司 プロフィール
株式会社オリバー 代表取締役 
日本外装リフォームネットワークGAISO代表

新庄幼稚園卒業
富山市立新庄小学校卒業
富山市立新庄中学校卒業
富山県立雄山高等学校卒業
日本体育大学体育学科卒業(体育教員を目指し教員免許取得)学生時代は6年間陸上競技のやり投げをしていました。
大学卒業後、関東に本社のある当時最大手リフォーム会社へ入社。
支店にてTOPセールスを確立し、翌年から営業幹部としてマネジメントを学ぶ。
5年間の在職し、27歳の時、地元富山県にて独立起業。株式会社オリバーを設立し現在に至る。

身長187CM、O型
現在40歳、富山市在住
2児のパパ・愛妻家・愛犬家・建築家

■小川の性格
猪突猛進・負けず嫌い・打ちのめされても何度でも這い上がる・見た目は柔らかいが燃えている・女性によくだまされる・ビビリ

■趣味
読書・愛犬の散歩・ゴルフ・ウィスキー・城巡り・神社仏閣やパワースポット巡り・やっぱり一番は仕事!

■小川の保有資格
英検4級・SAJスキー1級・書道4段・営業3級・住宅ローンアドバーザー・増改築相談員

■小川の得意なこと
外壁リフォーム・住宅新築・リフォームプランニング・営業関係・就職アドバイス

■今小川の関心のあること
住宅建築全般・富山の自然や文化・歴史(戦国物)・育毛・ゴルフ・ウィスキー・ワイン・ダイエット

■小川の好きな物・事
富山・沖縄・南国・京都・城・歴史・神社仏閣・パワースポット・海外(発展途上国)・ウィスキー・マッサージ・子供・船釣り・スキー・ゴルフ・お好み焼き(粉物)・蕎麦・赤ワイン・夏目三久・嫁


■今小川が活動・参加中のコミュニティ
県庁生協スクラムの会 会長
新川神社お宮で飲もう会 代表
富山本物研究所 副所長
富山経済同友会 会員
YEG富山商工会議所青年部 会員
JACK  会員
シクミ研究会 会員
外装リフォーム研究会 臨時講師 
ウィスキー研究会 主催
日本外装リフォームネットワークGAISOグループ代表



■リンク
株式会社オリバーホームページ
http://www.oliver-reform.jp

ZERO-CUBE(オリバー新築事業部)
http://zero-cube.jp/oliver/

オリバー不動産
http://www.oliver-fudousan.jp/

外壁塗装@富山
http://www.oliver-gaiheki.com

富山本物研究所
http://toyama-honmono.com

日本外装リフォームネットワークGAISO
http://www.gaiso.co/




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山(市)情報へ
にほんブログ村


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧

一源三流

f0018915_10203489.jpg

写真は先日ANAクラウンプラザホテルにて開催された富山YEGの新年懇親会にて
富山若鳶会のみなさんの梯子登り。

見た目は怖そうな人が多いが男の心意気を感じるかっこよい演目でした。

建築でも職人の世界は伝統的に様々な文化が続いてきています。

先日、懐石料理屋さんの社長と話をしていたら法事やご懐石で利用される方が減っているそうだ。
法事などもチェーン店の居酒屋のお座敷で済ます人も増えているそうです。

住宅の建前の弁当などで使ってもらえないかとの話をいただいたのだが、建前で仕出しなどの
料理や酒を振る舞うこともほとんどなくなった。それ自体をやらないことが一般的になりつつある。

飲酒運転にならないようにという時代の流れであろう。
初詣のお神酒ですら躊躇してします。

そんな中、日本の伝統文化を継承する活動をされる富山若鳶会はあっぱれであろう!!

富山若鳶会の皆さんにはさらに活躍してほしいですね(^^)
富山若鳶会
http://www.chuokai-toyama.or.jp/tobido/tobi/



さて、気になっている言葉がありましたので調べてみました。
私のお世話になっている知人が年賀状で贈ってくださった言葉です。


「一源三流」

家のためには汗を流す。友のためには涙を流す。国のためには血を流すという
武士の魂を伝えた源流館の教えだといわれている。(Webio辞書引用)


剣術や剣道でこの言葉を大切にされている方が多いようです。

戦争のない今の時代には少しそくさないかもしれないが日本人の男子としてジーンとくる
意味合いのある言葉ではありませんか!

魂を燃やしながら生きることをわかりやすく表した言葉である。
昔の日本人はこのような心構えの人が多かったんでしょうね!

人生必要な時に必要な人に出会う。
この言葉も今必要とする言葉でした。

中さんありがとうございました。大切にします。


言葉のプレゼントをできる大人になりたいと思うアラフォー
小川博司
[PR]
by oliverogawa | 2015-01-10 10:34