株式会社オリバー代表取締役小川博司の日々の出来事をオリバーのお客様、オリバーの社員、そして私の関係者に向けてメッセージを発信していきます!


by oliverogawa

プロフィールを見る
画像一覧

オリバー小川のプロフィール

小川博司 プロフィール
株式会社オリバー 代表取締役 
日本外装リフォームネットワークGAISO代表

新庄幼稚園卒業
富山市立新庄小学校卒業
富山市立新庄中学校卒業
富山県立雄山高等学校卒業
日本体育大学体育学科卒業(体育教員を目指し教員免許取得)学生時代は6年間陸上競技のやり投げをしていました。
大学卒業後、関東に本社のある当時最大手リフォーム会社へ入社。
支店にてTOPセールスを確立し、翌年から営業幹部としてマネジメントを学ぶ。
5年間の在職し、27歳の時、地元富山県にて独立起業。株式会社オリバーを設立し現在に至る。

身長187CM、O型
現在40歳、富山市在住
2児のパパ・愛妻家・愛犬家・建築家

■小川の性格
猪突猛進・負けず嫌い・打ちのめされても何度でも這い上がる・見た目は柔らかいが燃えている・女性によくだまされる・ビビリ

■趣味
読書・愛犬の散歩・ゴルフ・ウィスキー・城巡り・神社仏閣やパワースポット巡り・やっぱり一番は仕事!

■小川の保有資格
英検4級・SAJスキー1級・書道4段・営業3級・住宅ローンアドバーザー・増改築相談員

■小川の得意なこと
外壁リフォーム・住宅新築・リフォームプランニング・営業関係・就職アドバイス

■今小川の関心のあること
住宅建築全般・富山の自然や文化・歴史(戦国物)・育毛・ゴルフ・ウィスキー・ワイン・ダイエット

■小川の好きな物・事
富山・沖縄・南国・京都・城・歴史・神社仏閣・パワースポット・海外(発展途上国)・ウィスキー・マッサージ・子供・船釣り・スキー・ゴルフ・お好み焼き(粉物)・蕎麦・赤ワイン・夏目三久・嫁


■今小川が活動・参加中のコミュニティ
県庁生協スクラムの会 会長
新川神社お宮で飲もう会 代表
富山本物研究所 副所長
富山経済同友会 会員
YEG富山商工会議所青年部 会員
JACK  会員
シクミ研究会 会員
外装リフォーム研究会 臨時講師 
ウィスキー研究会 主催
日本外装リフォームネットワークGAISOグループ代表



■リンク
株式会社オリバーホームページ
http://www.oliver-reform.jp

ZERO-CUBE(オリバー新築事業部)
http://zero-cube.jp/oliver/

オリバー不動産
http://www.oliver-fudousan.jp/

外壁塗装@富山
http://www.oliver-gaiheki.com

富山本物研究所
http://toyama-honmono.com

日本外装リフォームネットワークGAISO
http://www.gaiso.co/




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山(市)情報へ
にほんブログ村


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧

迷う

f0018915_1191599.jpg
写真はオリバーの今年の忘年会で、木谷の仕込んでいたロシアンシュークリーム大会の罰ゲームでセンブリ茶を飲まされるBチームの諸君。
年々オリバーの平均年齢も若くなっていますし、元気のよい子しか採用していないこともあり、
かなりの盛り上がりを見せた今年の忘年会。来年はもっと・・・なんだろうね(笑)。
幹事の木谷、ご苦労さん!
いい忘年会だったよ。

f0018915_11491760.jpg


さて、今年一年を振り返り、今年を表す「字」の発表がありましたね。
今年は「暑」だったらしいです。

それと一緒に、学生が表わす今年の1文字が印象的でした。
「迷」らしいです。

就職活動において、進路に迷う。
政治が混迷している
などという理由らしいです。

学生は確かに進路に迷うことは事実でしよう。

しかし、未来に対しては私も迷います。
未来の事は誰にもわかりませんからね。

世界経済の中で取り残されつつある日本。
決して国益に繋がっていると思えない日本の政治。
崩壊する恐れのある社会福祉や年金基金。

数え始めればここ数十年私たちが経験したことのない国が成長基調ではない
流れの時代を生きていかねばいけません。

私は根底では色んな事において慎重派ですのでいつも最悪を想定して動いています。

しかし、未来に悲観していても何にも始まりませんよね。
本来起こるべき明るい未来明日ら、ネガティブに考えすぎて、チャンスを捉え逃がして
しまうかもしれません。

今やれることを思う存分やる!
これに尽きると思います。

私がここ数年言い続けていることは、これからの時代はプロフェッショナルしか
生き残っていけない時代。

歴史を遡っても本物は時代を超えて生き残っています。

どんな時代、どんな状況であっても世の中から必要とされるプロフェッショナルな人材。
また、そんなプロフェッショナルが集う組織集団でありたいと思います。

我が社の若いに言います。

まずは倒れるほどの努力をして、誰にも負けない実力を身につけなさい。
外部環境をきにしても、どの道自分が環境を変えられるわけもありませんから。
実力もない人間が迷う必要も悩む必要も何にもありません。
苦労は買ってでもする!
自分自身がどうあるべきか、どう生きていくかが重要だから。
成功者は誰よりも多くの屈辱を味わったものである。



迷っている学生にも一言。

大企業や大手メーカーに志望が集中しているのも安定を求めてのことでしょう。
私も入社するならば北陸電力に入りたい(笑)。
組織の一員として将来の約束を求めてあなたが就職活動を続けても
どこも採用してくれないでしょう。
依存する気持ちを捨てて、自分自身が何のプロフェッショナルを
目指すのかを決める必要がありますね。
私は21歳の時に、リフォームで飯を喰っていくことを決めました。
当時住宅リフォームの業界など、まだ修繕に毛の生えたような、誰も相手にしない業界でした。

しかし、今は時代の中心になっています。
私自身も自分の仕事に

分野などどんなものでもいいと思います。
その根底に、その仕事を通じて人のお役に立てるということがあれば
プロフェッショナルを追求して仕事を続けていけると思うからです。

迷わずにやるべきことを決断して進みましょう。

自分の我欲を中心に考えると色々迷うものですね。



【今日の気づき】
改めてオリバーの一番の売りは元気の「気」であることを再確認。
元気があれば何でもできる!
[PR]
by oliverogawa | 2010-12-10 23:09 | 仕事